ロゴ

よくあるご質問

クリーニングに出すタイミングは?
ワンシーズンが終わったタイミングで出しましょう。
でも、シーズン中にシミや汚れがついてしまった時、沢山汗をかいてしまった時は、なるべく早く出してください。
シミや汚れは、時間がたつと落ちにくくなります。
また、生地の変色の原因になり、虫に食われる可能性の高くなります。
上記の事からシーズン中1回、シーズンが終わって収納する前にクリーニング出して頂く事をお勧めいたします。
ドライクリーニングの良さは?
有機溶剤を使用して洗浄するので着用したとき体から分泌される油分などの油性汚れがよく落ちます。
水で洗浄すると型崩れや縮みがしてしまう物が型崩れ、縮みが起こりにくい。
繊維をいためにくく、生地の風合いを保ち、色落ちしにくい。
シミをつけてしまった時、その場で何かした方がいい?
水分のあるシミは乾いた布をシミの部分にあて吸い取る(※シミの部分を擦らない)
水分のないシミは触らずそのままの状態でクリーニングへ出す。
※NG→濡れた布(おしぼり)でシミの部分を擦ってしまうことはシミが取れにくくなってしまいます。
シミ抜きはどんなシミでも落ちるの?
100%落ちるとは言えません。
シミが付いてから時間がたってしまたり、生地の状態によってはシミ抜きができない場合もあります。
ビニールカバーは収納時どうしても外さないといけないの?
カビや変色の原因になり、保管に適さない素材で作られているためです。※不織布付きカバーが大丈夫です。
クリーニングからご自宅に戻られたら品物からビニールカバーを外し高温多湿な場所はさけ保管、収納しましょう。
仕上がりに満足できない場合はやり直し出来ますか?
遠慮なくお申し付けください、何度でもやり直しをさせて頂きます。
それでも満足していただけない場合はご返金させていただきます。
洗濯絵表示が全て×になっている場合クリーニング店なら洗えますか?
皮革製品については専門業者でクリーニングできます。
一般衣類に関しては商品を作られたメーカーさんが「洗えない」と判断をして全てに×をつけているので当店で クリーニングをして事故が発生しても補償の対象外となります。
衣類の購入時には洗濯表示に全て×がついていたら店舗の店員さんにご確認のうえでのお買い求めになることを お勧めいたします。
クリーニングの過程で品物が傷んでしまったらどうなるのですか?
クリーニングの過失により損傷、紛失などの事故が起きた場合、「クリーニング事故賠償基準」に基づき保証させていただきます。
ボタン、装飾品の紛失、損傷はできるだけ同じものとの交換をさせていただきます。