ロゴ
   
 
◎番号印字タックにお客様の受付日、年度、フルネームを記入
◎お客様控え伝票(番号、商品名)に合わせ商品一点々に
番号タックを付ける+汚れ(シミ)、ボタン取れ、破れのチェックタックも付ける
◎商品の仕分け+再チェック(受付で行ったポケット、汚れ(シミ)、ボタン、破れ)
◎洗い方別に仕分け:色、素材別、にドライ(W洗い)、
ランドリー、Yシャツに仕分けをする
商品の保護:デリケートなボタンへの保護カバー付け
※特にジャケットのボタン、ニットカーディガンのボタン、
保護カバー出来ないボタンは取り外し洗い後付ける
◎汚れ(シミ)抜き
◎ダブルズボンの裾汚れ(ホコリ)をブラシで取り除く、
 

【ドライ洗いの工程】
・コート/スーツ/ジャケット/ワンピース
◎ドライ機へ色、素材別にまとめ洗いコースをセットしそれぞれ洗いを行うが、
事前に品物のシミはシミ抜きを行ない、
汚れが付いている部分は前処理剤でブラシをかけてから洗いへ、
デリケートな素材(シルク、カシミヤ)はダメージを与えない様に
ネットに入れソフト回転で洗いをおこなう

【ドライ仕上げ工程】
◎コート、ジャケット、ワンピースはスチームボックスに入れ
①蒸気 15秒  ②蒸らし 10秒  ③乾燥 30秒 を1点1点入れおこなう
◎手仕上げで機械(蒸気)では出来ない裏地、
ジャケットの襟などを一点々プレス台でアイロン仕上げ

・ズボン、スカート、ネクタイ、
◎プレス台で一点々ズボンの裏地、タック、プリーツスカートなど手仕上げで行う

・ニット(カシミヤ)
プレス台にて手作業で蒸気をあて毛足を立たせ風合いを出す

【ランドりーの洗い工程】
◎色、素材別にこまかく分け洗い、デリケートな素材はネットに入れソフト回転で短時間で洗う 
 ※1枚1枚洗うことも

【ランドリーの仕上げ工程】
◎ハンガーに干し自然乾燥(半日/一晩)
◎仕上げ台でシーツ、浴衣、Tシャツ、ポロシャツなどバキュームでアイロンの熱を吸ってから
 蒸気アイロンで仕上げで仕上げる

【Yシャツの洗い工程】
◎襟、袖汚れのひどい物は事前に馬の毛を使用したブラシで汚れの部分にブラシを掛ける
◎色の濃いYシャツ、のりなし、のり強くなど洗い工程別にネット入れ洗う
◎洗いを行う(高温60度で洗うことで汚れ、臭いを取る事が出来る)

【Yシャツの仕上げ工程】
◎襟、袖口をプレス機にかける
◎Yシャツをプレスボディーに着せプレスする
※その際ボタンの有り無し、破損をチェック後ボタン付けを行う
◎プレス機では出来ない袖口のタック、細かい部分、
 全体に手作業で蒸気アイロンをかける
◎たたみ仕上げはアイロン台で再度全体に蒸気アイロンをかけ
 たたみしわを最小限におさえたたみ襟にカラーホルダーを入れ仕上げる
◎ハンガー仕上げはアイロン台で再度全体に蒸気アイロンをかけ
 第一、第三、第七のボタンを止め仕上げる
◎ビニール入れをしながら最終チェック